MENU

義肢装具士/身体障がい者の社会復帰を支援

どんな仕事?
義手や義足、コルセットなど治療用の装具を作るのが義肢装具士です。障がいによって失ってしまったものを制作することで、社会復帰ができるようにリハビリを行います。違和感なく義肢が適合できるように配慮するだけではなく、これから義肢を利用していく人への気配り・心配りもします。

この仕事に就くには?

義肢装具士は国家試験になりますが、最初に指定の養成施設を卒業する必要があります。その後、義肢表具メーカーに就職をしますが、逆にメーカーに就職してから義肢表具師の資格を取得する人もいます。装具のプロとして、医療チームのひとりとして必要とされることもあります。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。