MENU

保育士/乳幼児ケアの専門家

どんな仕事?
保育士の90%は保育所で働き、児童福祉施設などでは乳幼児の保育や子どもたちをサポートしていきます。

 

集団生活や遊びながら社会性を身に着けたり、日頃の寝たり食べたり、トイレなど基本的なことを覚えたり、保育所で子どもたちがすることはたくさんありますが、それを教えていくのが保育士の仕事です。また乳幼児などの小さな子どもたちもいるため、家庭代替にもなります。

 

認可保育園や市町村立保育園は、地域の子育てセンターとして育児相談などにも対応していくなど、幅広い対応が必要となります。

この仕事に就くには?

日本は少子化とは言われていますが、その反面保育所不足も深刻化し、問題視されているのが現状です。そのため、国や自治体は様々な保育所不足解消対策を考えており、その結果保育士のは必要とされている存在になっています。

 

保育士免許は、厚生労働大臣が指定する専門学校や大学・短大での保育士養成課程を卒業するのが一般的ですが、この他にも都道府県が実施する保育士試験で合格しても取得できます。

 

就職に関しては、公立保育園であれば公務員として保育士採用試験を受けますが、自治体によって募集があるところとないところがあり、毎年必ず募集があるとは限りません。

 

また私立や法人立の新人や欠員補充を行う場合、養成施設や学校へ求人募集をしたり、公共職業安定所へ依頼されます。

この仕事に向いている人

保育士は、子どもが好きでなくてはできない仕事です。子どもたちと一緒に過ごす時間がとても多いため、日々の成長を喜べる人にはオススメで遣り甲斐のある仕事と言えるでしょう。ただ子どもたちとだけではなく、親御さんとのコミュニケーションや対応も大切ですし、命を預かる立場にもなります。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。

 

当サイトでは類似の職種として、「保育園勤務の看護師」を紹介しております。
「保育園勤務の看護師」の求人状況はこちら