MENU

全ての職業に悩みとストレスはつきものと自覚することが大切

どんな仕事であれ、多かれ少なかれ悩みのひとつやふたつはあるかと思います。保健師と言う職業にも悩みがありますが、よくある悩みをいくつかあげていきます。

 

まずひとつめは「転職」。

 

仕事をしているうちに、自分のしたい事とずれていたり、給与や勤務時間や休日などさまざまなことに不満が出てくることがあります。しかし、実際に転職をしようと思って探しても、自分にとって満足できるところがなかなか見つからないこともあります。

 

とはいえ、あれもこれも満足できる条件のところを見つけるのは難しく、条件の良いところは退職する人も少ないと考えた方が良いでしょう。どの条件を優先するのかを再確認すべきです、そうすることによって今まで見つからなかった転職先が見つかることもあります。

 

 

そして次に「ストレス」。

 

仕事に対するストレスは、どの職場でもあるものです。
保健師の場合はたくさんの職場があるのですが、必ずしも保健師本来の仕事だけをしていれば良OKというわけにはいきません。例えば、民間企業では事務や雑用ばかりだったり、病院では看護師と変わらなかったりしてストレスから時にはうつになってしまう人もいます。

 

また保健師は訪問をしたり、いろいろな人たちと向き合う機会がありますが、人間関係に疲れて、それがまたストレスやうつの原因になることがあります。少人数の職場でも人間関係がぎくしゃくするとストレスになってしまうこともあるので、職場の雰囲気というのも大切です。

 

 

そして最後に「育児や家庭との両立」です。

 

これは特に女性が多い仕事だからこその悩みと言えるかもしれません。
保健師の就職先は看護師のそれと比べると様々な種類があるので、ライフスタイルに合わせて選べばムリなく働くことができますが、職場によっては休日や勤務時間から両立が難しくなって転職しなければいけないこともあります。