MENU

保健師といっても色々あるわけで・・・

保健師と言ってもいくつかの種類がありますが、基本的には同じような仕事になります。しかし、それぞれ働く場所も違いますし、細かな違いはあるので必ず自分がどこで働きたいかを確認することが大切です。

 

一般的な保健師の種類として「学校保健師」「地域の行政保健師」「産業保健師」などがあります。それぞれの仕事内容を簡単に紹介します。

 

学校保健師

いわゆる学校の保健室の先生「保健の先生」というイメージがあるかもしれませんが、保健師の資格だけでは、大学や専門学校でしか働くことができません。

 

小学校などの保健の先生は「養護教諭」なので、養護教諭の免許が必要になったり公立学校なら公務員採用試験が必須になります。

 

学校では、生徒だけではなく先生たちの健康管理も行い、病気やけがのほか、衛生面も指導&サポートしていきます。また最近多いイジメや人間関係など学校生活でのサポートも行います。

 

地域の行政保健師

都道府県や市区町村の保健所や保健センターで働き、仕事内容はとても多いです。

 

健常者や病人、妊婦や乳幼児など、健診・予防・対策・指導など、サービスに対するサポート・活動が多いです。

 

 

産業保健師

産業保健師は労働者のサポートをしていきますが、産業医や衛生管理者と共に仕事をすることも多いです。

 

企業内にある保健室で働いたり、コールセンターでのお仕事もあります。最近ではウツなどの人も増えていますが、心のケアなどの相談、サポートもするため、仕事内容は多岐にわたります。

 

 

このほかにも海外の発展途上国で働く保健師などもあるので、どんな仕事をしたいか、どこで働きたいかで就職先を選ぶことが大切です。