MENU

保健師の受験資格について

保健師は国家試験に合格しなければいけませんが、その前に看護師の資格も必要となります。以前は看護師の試験に落ちても、保健師の試験に合格すれば保健師として働くことができましたが、現在は法律の改正によって看護師の資格が必須になりました。

 

保健師の受験資格は保健師助産師看護師法で定められており「受験資格」も

 

・看護師国家試験に合格したもの

 

・看護師国家試験の受験資格を有するもので
1.文部科学大臣指定校で保健師になるための必要学科を6か月以上修めたもの
2.厚生労働大臣指定の保険養成所を卒業したもの

 

・海外の保健師学校を卒業したか、保健師免許を取得し、1.2と同じ知識や技術があるもの

 

上記のようになっています。

 

 

そのため、保健師の受験資格を得るには下記のような勉強が必要となります。

 

【6年】 高校の看護科⇒看護専門学校⇒保健師学校

 

【4年】 看護専門学校か看護短大⇒保健師学校

 

【4年】 看護大学

 

4年制の看護大学の他にも、看護専門学校でも看護師と保健師の受験資格がもらえる場合もあるので、きちんと確認をしておくと良いでしょう。

 

一般の仕事について、社会に出てから専門学校や大学に行き、保健師を目指す人もいますが、看護師で働いている人とそうでない人が保健師を目指すにはかなりの時間差があります。ちなみに保健師の国家試験は年に1回あり、合格率は80〜90%と高いです。

 

ただ保健師の国家試験に合格した!と言っても、プラスαの資格が必要になることがあります。

 

例えば、地域の保健師や養護教諭は、公務員採用試験や養護教諭の免許が必要になるため、自分がどこで働きたいかを考え、その仕事には他にどんな資格がいるかを必ず確認をして、希望の保健師を確実に目指しましょう。