保健師と看護師の仕事内容

MENU

治療のサポートが看護師、予防のサポートが保健師

看護師も保健師も「保健師助産師看護師法」という法律で定められている国家資格になります。大きな違いのひとつとして、看護師は国家試験に合格すれば免許を取得できますが、保健師は看護師と保健師両方の国家試験に合格しなければいけません。また保健師の受験資格を取得するのにも、勉強が必要となります。

 

活躍の場に関しては、最近では看護師も保健師も仕事の幅が広がっており、看護師も病院などの医療機関以外にも、老人ホームや子どもたちを預かる施設などにも必要とされています。そしてさらに幅広く必要とされているのが保健師で、病院で募集されていることもありますが、企業や行政機関、学校などが活躍の場となります。

 

この2つの仕事内容ですが、ケガや病気の人の治療やサポートをするのが「看護師」で、ケガや病気を防ぐ予防のサポートをするのが「保健師」という予防と治療の大きな違いがあります。

 

もちろん養護教諭や企業の保健室で働く人であれば、保健師でも急な病気やケガにも対応しなくてはいけないので、看護師の知識が必要というのも納得できるのではないでしょうか。

 

また、保健師の仕事はそれ以外にも企業や行政機関で働くと事務系の仕事(いわゆる産業保健師、行政保健師)などたくさんの仕事がありますので、それぞれの仕事先ではどんな仕事があるかを把握することが大切です。

 

どちらとも遣り甲斐がある仕事ですが、看護師のステップアップとして保健師はさらに遣り甲斐のある仕事と言えます。看護師以上に幅広い仕事内容なのが保健師と考えて良いでしょう。