MENU

シューフィッター

名前の通り、ピッタリの靴を選ぶプロです。
足の疾病予防などから正しい靴選びをしていきますが、足に関してはもちろん、靴あわせに関しての技術も必要とされます。主に靴メーカーやショップにひとりはいて欲しい存在とも言えるでしょう。


職業指導員

職業指導員になるには、特に必要になる資格はありませんが、社会福祉主事任用資格を取得していると良いでしょう。
またお仕事として、更正援護施設や授産施設の利用者がそれぞれの職業で自立できるように技術を教えたりしながらサポートしていくため、技術指導ができなくてはいけません。
職業訓練をしながら構成をしていくことが目的なので、ある程度の技術はもちろんのこと、経験なども指導する立場として必要になってきます。

作業指導員

職業上に必要な作業の指導をしながら、技術の訓練をおこなっていきます。
主な仕事先は、知的障がい者支援施設などになるので、日常のサポートももちろん必要とされます。

 

指導員という立場で、技術指導を行っていくため、経験や技術が必要になりますが、障がいに合わせ、できる範囲のお仕事を指導していく必要があります。

入浴介助オペレーター

在宅介護のサービスの中でも、絶対必須になるお仕事のひとつです。
仕事の名前の通り、入浴サービスのお仕事を担当することになりますが、必要な資格はありません。

 

ただ介護の立場として、訪問介護の資格をもっていると良いでしょう。入浴介助オペレーターは就職後に講習を受けることもあります。

施設長

施設に対して1名は必要となる責任者が施設長です。
主な仕事は施設の運営や管理になりますが、施設のサービスや金銭のことなどすべてに関しての責任者になります。そのため、マネジメントや社会福祉施設への理解や知識など様々なものが必要とされます。

介護施設管理士

医療介護ネットワーク協同組合が実施する施設をの管理者が介護について経営面だけではなく現場やすべてに関しての知識を持ち合わせているという資格になります。主に施設長が持っている資格となります。