MENU

言語聴覚士

言語聴覚士はスピーチセラピストともよばれます。言語障害や難聴、失語や言語発達が遅れているなど、コミュニケーション機能に障がいがある方に対して、専門的な訓練や指導を通して機能を回復させていきます。

 

ことばの障がいというのは、それぞれ原因があり、年齢的にも乳幼児から高齢者と幅広くなっています。実際に震災の時に被災した児童や教職員のケアなどにも、言語聴覚士あんどが必要とされたこともあります。年齢や様々な状況から必要とされる職業と言えるでしょう。

 

資格取得には文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上必要な知識と技能を習得し、国家試験に合格する必要があります。病院や診療所、福祉施設や保健所の他にも幅広く必要とされることがおおいので、やりがいのある仕事です。

柔道修復師

柔道の治療法を基本にして、東洋や西洋の医学技術を組み合わせて「非観血的療法(出血を伴わない療法)」を行うのが柔道修復師です。オーダーメイド治療家と言い、同じ療法を行うのではなく、それぞれの症状や状況に合わせて治癒をしていきます。

 

柔道修復師は、介護保険制度の福祉分野にも貢献することができるので、将来的な活躍の場が増えるのではないでしょうか。接骨院や整骨院だけではなく、スポーツトレーナーなど幅広く必要とされています。