MENU

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師は、人間本来の自然治癒力を引き出すと言われています。それぞれの仕事を簡単に説明すると、ツボに鍼をさすのが「はり師」で、もぐさに火を付け、いわゆるお灸をするのが「きゅう師」、身体の不調を整えるため、押したり揉んだりなど色々な刺激を与えるのが「あん摩マッサージ指圧師」です。これらは古くからある治療法ですが、今でもまだ新しいツボが見つかったり、健康だけではなく美容のためにも幅広く注目されています。

 

資格取得には文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上必要な知識と技能を習得し、国家試験の受験資格を得ることができます。

 

資格取得後は独立開業をしたり、総合病院などで働いたりと、幅広く活躍することができます。医療機関で取り入れている所が少ないため、逆に必要とされていることも多いです。