臨床心理士

MENU

臨床心理士

どんな仕事?
何か理由になっているものを見つけて薬などで治療をしていくのが精神科医なら、臨床心理士は心理テストやカウンセリングで時間をかけて解決していきます。薬などを処方することはできないため、一緒に今抱えている問題を話し合いと言う形で精神科医と共に患者をサポートしていきます。

この仕事に就くには?

臨床心理士は、文部科学省認定の公的資格ではありながら、国家資格ではありません。そのため「心理師」国家資格創設案や臨床心理士自体を国家資格にしようという話もあります。資格取得は、(財)日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院で心理学の修士号を取得したうえで、その他の要件も満たさなくてはいけません。

 

指定校の場合は
第一種:大学院修了後、すぐに資格審査の受験資格が得られる
第二種:修了後1年以上の心理臨床経験を積むことで受験資格が得られる

 

この2つに分けられており、資格審査は年に一度行われています。ちなみに試験内容は、一次試験が筆記で二次試験が口述。仕事に就くためには、心理系資格のトップクラスとして、それなりの勉強がひつようとなります。

この仕事に向いている人

臨床心理士は、自閉症や登校拒否、アルコール依存症や摂食障害、神経症や心身症など、幅広く問題がある方と向き合っていきます。みんな同じというわけではなく、それぞれの悩みがあるため、それらに対応できる柔軟さと寛大な心などを持ち、きちんと個々に観察をして分析をしていくことができることが大切です。