MENU

児童福祉司/保護者・児童の相談に対応

どんな仕事?
児童福祉法の規定によって児童相談所に配置されます。18歳未満の児童に対する相談を保護者だけではなく、児童からも受けますが、内容はいろいろとあるため幅広い対応が必要になり、心理学やケースワークなどの専門的な知識も必要となってきます。
主な役割担当として相談や措置などの部門を受けもち、心理判定員と一緒に調査をしたり、社会的診断から今ある養育や保護、育成などの相談内容を共に解決していきます。

この仕事に就くには?

児童福祉司の配置される児童相談所は都道府県・政令指定都市に配置された行政機関になります。そのため、まずは自治体の公務員試験に合格する必要があります。たまに「児童福祉司」としての求人がある場合もあるのですが、たいていは一般行政職として採用になります。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。