MENU

児童指導員/子供とともに生活し自立の手助け

どんな仕事?
児童指導員は0歳から18歳までの事情があり、家族と暮らせない子どもたちの自立サポートをしていきます。児童福祉施設で生活する子供たちに、保育士とスポーツや音楽などグループや学習活動を行ったり、レクリエーションや行事を行いながら精神的な成長や充実した日々が送れるようにしていきます。子どもたちを指導するだけではなく、学校や家庭と連絡のやりとりをしたり、相談役になったりなどさまざまな児童サポートをしていきます。

この仕事に就くには?

児童指導員になる場合、は児童指導員任用資格を取得する必要があります。大学で社会学・教育学・心理学のどれかを履修して卒業するか、養成施設を卒業するほか、高校卒業後に児童福祉に2年以上勤務することで取得ができますが、公立施設の場合は公務員試験を合格しなくてはいけません。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。