MENU

人材派遣で働くことのメリットとは?

人材派遣とは、病院や施設などが直接社員として雇用するのではなく専門の派遣会社と契約し、スタッフとして「派遣」される働き方を指します。
人材派遣は医療業界でも徐々に浸透しつつある働き方となっています。

 

人材派遣で働くメリットを考えてみましょう。
(1)就業時間や時期など希望条件を叶えやすい
派遣業務では基本的に残業が発生しません。また、「この期間だけ働きたい」などの希望を叶えやすくなっています。

 

(2)基礎スキルがあればできる仕事が多い
派遣看護師が行う業務は、採血や健康診断など基礎スキルさえ持っていればできる業務が多くなります。
結婚や出産などで医療の現場から離れていた人でも本格的な仕事復帰に向けた「準備」としても最適です。

 

(3)専門性を活かしながら働ける
病院などの組織に勤務していれば、意にそぐわない異動やマネジメント業務の比率が高くなるなどもありますが人材派遣では特定の業務だけを行えるため専門的なプロフェッショナルを目指すことができます。

 

 

人材派遣なら病院以外の場所でも活躍できる

看護師の派遣先として求められるのは病院や施設だけではありません。

 

特に近年看護師のニーズが高まってきているのが製薬会社での治験に関わる業務です。

 

新薬の開発には臨床試験が必要で医療や薬学の知識を持ったスタッフが必要不可欠です。
しかし、治験を実施する期間は限られているため派遣の看護師を求める製薬会社がとても多くなっています。

 

他にも医療機器メーカーなど看護師としての臨床経験を求める仕事は沢山あります。
学校や企業への健康診断など、病院に限らず活躍できるステージが多く用意されているのも人材派遣の魅力の一つとなっています。

 

 

紹介予定派遣制度を利用して転職成功する例が多い

「転職してみたものの、思っていた条件と違った」
「採用してみたら、期待する人材と違った」
「転職したいけど、どんな職場か分からないので不安」
こうした声に応えてくれるのが紹介予定派遣という働き方です。

 

紹介予定派遣とは派遣先で両者の合意が得られれば正社員として雇用するという派遣制度です。

 

実際に働きながら、職場を見極めることができるため転職活動がスムーズに行えると評判です。

 

何らかの理由で正社員雇用に至らなかった場合には派遣スタッフとして契約期間を終了後、別の職場でまたあらたに紹介予定派遣制度を使って働くことができます。

 

長く医療の現場から離れていた人も少しずつ勘を取り戻しつつ、職場になれてから正社員になれるというメリットもありこの制度を利用する人がとても増えてきています。

 

 

希望の働き方に合わせ仕事を選ぼう

派遣制度を利用して働くためには人材派遣会社へ登録することが始めの一歩です。

 

登録をして、希望する働き方やスキルなどを人材派遣会社に伝えると、登録スタッフがあなたに合った仕事を選んでメールや電話などで紹介してくれます。また、人材派遣会社では登録者向けのWebサイトを運営していることが多く、そこから自分の希望に合う仕事を探しだすこともできます。

 

紹介された仕事が気に入れば就業開始です。派遣会社と雇用契約を結び、派遣先での勤務が始まります。
紹介された仕事が気に入らない場合には断り別の仕事の紹介をリクエストすることも可能です。

 

また、人材派遣会社への登録は複数の会社に同時に登録を行ってもOKです。登録は無料なのでいくつか登録してみて、自分に一番合う使い心地の良い会社を選び、納得いく派遣先を探してください。