MENU

退職理由は王道質問! 前向きな理由で対処するべし

就職試験で最大の難関が 面接試験ではないでしょうか?

 

面接の王道質問といえば、志望動機や自己PR。これに加えて転職の場合には、前職の退職理由が挙げられます。

 

しかし、"前の職場を辞めた理由を質問され驚いた"という人は 少なくありません。

 

ですから あらかじめ、退職理由を用意しておくようにしましょう。

 

とはいえ、多くの方が 人間関係や給与を理由に退職しています。

 

ネガティブな理由だけに、答えに悩んでしまう人も少なくないことでしょう。

 

 

対処法ですが、『前向きな理由』を伝えるようにしましょう。

 

例えば、「スキルアップしたかった」「患者との心の触れ合いを重視した看護を実践したかった」など。

 

これまでの体験や 自分の看護観を振り返ってみると、きっと「こんな仕事をしてみたい」という願望が思い浮かぶはずです。

 

 

面接官の納得度が高い回答としては、仕事に対する願望と 応募先の病院の特色や取り組んでいる看護を結びつけて説明することです。

 

前向きな理由を伝えたうえで、人間関係や給与などネガティブな理由については、別の質問事項や交渉の際に伝えるようにしてください。

退職理由は王道質問!【看護師 面接でこんなこと聞かれた】関連ページ

過去のケーススタディ
子供が出来たらどうする?
明日から来れますか?
病院経営や理念に関する質問