MENU

口論をエスカレートさせないことが大切

同じ内容でも、仲の良い人から言われるのと 嫌いな人から言われるのでは、受け止め方が違います。特に、耳の痛い話や ムカッとするような言われ方の場合には、それが顕著に現れるもの。頭ごなしに拒否してしまうことでしょう。しかし、もしその内容が「なるほど」と納得できるものであるなら、せっかくの成長や改善のチャンスを逃していることになります。ですから、誰から どんなことを言われようが、まずは きちんと最後まで話を聞くようにしてください。そのうえで納得のいかないことがあれば、自分の意見を 落ち着いて言えばいいでしょう。

 

また、相手の話を聞くという行為には、相手の気持ちを落ち着かせる意味もあります。"腹が立って ひとしきり文句を言ったらスッキリした" "何に怒っていたか忘れちゃった"という経験はありませんか?これは、話しを聞いてもらえたことによる効果と言えます。つまり、嫌なことを言われても じっくり聞いてあげることで 相手のトゲトゲしい心が薄らぐのです。もしかすると「嫌なことばかり言ってゴメンね」と謝ってくるかもしれません。逆に、話の途中で言い返してしまうと 口論はエスカレートするばかりです。

 

いずれにしても 話を聞くというのは、賢明な対処法と言えるのではないでしょうか。