MENU

苦手意識をもたず 積極的に話し掛けてみよう

誰でも、「苦手な人や嫌いな人とは できるだけ関わりたくない」と思うもの。
しかし 気の合う人とだけ仲良くしていると、いつの間にか職場に派閥のようなものができてしまいます。
そうした事態を避けるためにも、前向きに 働きかける努力が必要でしょう。

 

そこで実践したいのが、"苦手意識をもたず 積極的に話し掛けてみる"こと。
そもそも苦手意識というのは、自分で作り上げてしまっている場合がほとんどだからです。

 

「この人 苦手だな」と思い始めると、それまで気にならなかったような 細かい嫌な点にまでも 目を向けてしまうのです。
そして、ますます苦手意識に拍車をかけることになります。
ですから、自分から積極的に話し掛けることで、苦手意識が膨らむのを防止できるはずです。

 

といっても、気の合う仲間のように どんな話題でもスムーズに話すというのは難しいです。
まずは、仕事の話から始めてみるといいでしょう。
そうするうちに、思わぬ趣味や興味を発見し 話が弾むときが来るはずです。
そして、「案外いい人だった」なんてことに なることでしょう。