MENU

ケアマネージャー/ケアサービスプランの専門家

どんな仕事?
介護支援専門員は、最近ではケアマネージャーと言う方がなじみがあるかもしれませんが、介護保険施設やケアプランを作成するところでは必ず欠かせない存在で、必要義務があります。

 

ケアサービスプランを立てるだけではなく、介護を必要とする高齢者に訪問調査をし、認定できるようにします。
そして認定後に市町村やサービス業者や施設などと話し合いながら、認定者がサービスを利用できるようにしてケアサービスプランを立てていくのが仕事です。

この仕事に就くには?

ケアマネージャーのお仕事は、介護保険施設やケアプラン作成機関以外にも、シルバー産業や医療機関と幅広く必要とされている有用な資格です。
資格取得するには、医療系国家資格業従事者もしくは、介護・相談業務などの実務経験者が更に実務研修を修了して取得することができます。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。