MENU

ケースワーカー/日々の社会生活での支援を行う専門家

どんな仕事?
ケースワーカーのお仕事は、それぞれの働くところによって内容が多少異なります。
例えば、高齢者であれば施設の入居者の介護状況や医療や保険の相談、援助の内容にかんして作成していきます。
また子どもであれば、児童援助・指導・育成などを行うため、○○指導員、○○相談員と呼ばれることがあります。

 

公的機関や社会福祉関連施設などで、日々の社会生活でのいろいろなお悩みや問題の相談に乗ったり、援助や指導をしていきます。
所属福祉施設によって、子供だったり高齢者だったりしますが、相談・援助・援助などの基本のお仕事は形が変わっても同じです。

この仕事に就くには?

ケースワーカーで働く場合、地方公務員試験に合格しなければ公的機関では働くことができません。
公的機関以外の民間施設で働きたい場合には、それぞれ条件によっては有資格となっている場合もあります。

 

また福祉人材センターやハローワークに行けば求人を見つけることができますが、その場合はそれぞれの施設に合った職種になっているのでケースワーカーではなく、他の名前もきちんと確認をしてみて下さい。

 

児童関係であれば児童指導員、高齢者であれば生活相談員などになります。
尚、当サイトで紹介している求人は医療に関する助言を行う「健康相談カウンセラー」もしくは「医療相談員」となります。

 

健康相談カウンセラーに関する求人状況はこちらをご覧下さい

 

※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。