MENU

精神保健福祉士/心の病に幅広く対応

どんな仕事?
精神保健福祉士は専門的な資格で、精神に障がいがある人が社会復帰をするためにサポートをします。
現在精神障がいの治療をしていたり、社会復帰をしようと施設を利用している人に対して、社会復帰のための相談に対応します。
内容としては、退院後の生活、仕事、各種給付制度などなど、いろいろな相談に幅広く対応していきます。

この仕事に就くには?

精神保健福祉士は保健福祉系の大学で指定科目を履修し卒業したり、保健福祉系の短大や専門学校で履修し、一定の実務経験を経たりなどの道は色々とある国家資格です。2009年より社会福祉士と同じく新カリキュラムが始まりました。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。