MENU

身体障害者福祉司/身体障がい者の相談や技術指導

どんな仕事?
身体障害者福祉司は身体障害者福祉に関する専門家で、身体障がい者の相談にのったり、更生援護の必要性や種類を見極める専門的な技術が必要とされています。また、福祉事務所職員へ身体障がい者福祉に対しての技術的な指導もします。
身体障がい者更生相談所や福祉事務所で基本的にお仕事をします。
ここで5年間身体障害者福祉司をすると社会福祉士の受験資格を取得できます。とはいえ、最初から社会福祉士の資格を持っている人もいます。

この仕事に就くには?

身体障害者福祉司になるためには、まずは地方公務員採用試験に合格しなければいけません。
事務職や行政職を行った後に人事異動をする際に身体障害者福祉司になることがあります。
あると良いと言われている資格としては社会福祉士の資格で、これがあると、採用のときにメリットとなります。

この仕事に就くには?

精神保健福祉士は保健福祉系の大学で指定科目を履修し卒業したり、保健福祉系の短大や専門学校で履修し、一定の実務経験を経たりなどの道は色々とある国家資格です。2009年より社会福祉士と同じく新カリキュラムが始まりました。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。