MENU

視能訓練士/視覚障がい者のサポート

どんな仕事?
視能訓練士は視機能に障がいがある斜視や弱視などの機能回復のための検査や訓練を行います。
また視覚に障がいがある人だけではなく、乳幼児の早期発見や治療のため、3歳児検診など自治体での検診に視機能検査などを行う場合もあります。

この仕事に就くには?

視能訓練士は国家資格で、指定の養成施設や大学を卒業後、国家試験に合格する必要があります。
その他にも短期養成課程があり、看護師や保育士などの資格を持つ人が入学することができます。ある一定の資格がある人の場合、将来的に小児医療で資格を活かすこともできます。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。