MENU

ソーシャルワーカー/福祉施設内での相談や援助

どんな仕事?
福祉施設内の職員で相談や援助をする人を「ソーシャルワーカー」と言います。
「相談員」が福祉施設では利用者の相談・援助の業務をしていますが、この相談員はそれぞれ所属するところによって職種が変わります。
・母子指導員
・生活指導員
・児童指導員

 

など名前を聞いたことがあると思いますが、どれもが分野違いですが「相談員」になるのです。

この仕事に就くには?

ソーシャルワーカーは、それぞれどんなところで働くかによって必要になる資格が変わってきます。

 

基本的には社会福祉士の資格を持っていると良いと言われていますが、この他にも地方自治体などの公的機関であれば『公務員』、老人福祉施設の生活指導員は1名になるため、『ケアマネージャー』が必要となることが多いです。

 

老人や障害者のための介護施設や病院などでソーシャルワーカーは働くことが多いですが、それぞれの相談援助をするところによって資格が変わるので、自分の希望するところではどんな資格が必要かをきちんと確認しておきましょう。
尚、当サイトで紹介している求人は医療に関する助言を行う「健康相談カウンセラー」もしくは「医療相談員」となります。

 

健康相談カウンセラーに関する求人状況はこちらをご覧下さい

 

※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。