MENU

障害者スポーツ指導員/障がい者の社会参加を促進

どんな仕事?
障害者スポーツ指導員は障がい者の社会参加を促すためにスポーツ活動を行うときに指導をします。社会参加のひとつとしたプログラムをスポーツセンターなどで行うときに、その施設で直接指導をします。スポーツの面から社会参加をサポートしていくお仕事です。

この仕事に就くには?

必ず必要な資格はありませんが、求人がほとんどないので希望される人は注意が必要です。公立施設の指導員は、公務員が行っています。障害者スポーツ指導員になる場合には、地域スポーツ指導者や体育系の指導員資格があると良いでしょう。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。