MENU

手話通訳士/聴覚障がい者と健聴者の架け橋

どんな仕事?
聴覚に障がいのある人と耳が聞こえる健聴者とを繋ぐサポート役のお仕事が手話通訳士です。
コミュニケーションが取れないため、スムーズに会話を進めることができないところで手話を使い、援助していきます。

この仕事に就くには?

聴覚障害者情報文化センターが実施する厚生労働省大臣指定の手話通話士試験に合格しないと手話通訳士にはなれません。
受験日のある年度の3月末日までの20歳以上になる人であれば受験することができます。

 

これから手話を覚えたいという方でも、自治体などで手話講座を行っており、民間でも手話検定が年3回行われています。手話技能検定では7級〜1級までありますので、まずはある程度の検定級になってから、手話通訳士を目指すことをオススメします。
※個々の案件によって待遇等が異なる場合があります。又、募集終了の場合があります。