MENU

退職後、看護師資格を活かすのかどうかを考えてみる

退職するといっても、その後の身の振り方は人それぞれ。"所属している病院を辞めるのか" "病院の看護をやめるのか" "看護を辞めるのか"によって、その後のキャリアも大きく変わってくることでしょう。

 

所属している組織を辞める場合には、他の病院に就職することが視野に入っているものです。その病院や組織が肌に合わなかったり 転居などでその地を離れるために、退職する人たちと言えるでしょう。また、すぐに復職したり 長期的なキャリア展望がなくても、免許を持っている以上 働きたくなればいつでも戻れます。

 

一方 病院の看護師を辞める場合には、病院以外の場所へ就職することが視野に入っています。交替制勤務を続けることが難しくなった時や、専門性の高い医療現場に身を置くことが難しくなった人たちが選ぶ道と言えるでしょう。再就職する場合、診療所や保健所などの職場が想定されます。

 

それに対して 看護を辞めるという場合には、看護職から離れてしまうことを意味しています。全く違う分野の職場で自分らしく働く人もいれば、自分のライフスタイルにあった職場を探す人もいることでしょう。あるいは、今は少し立ち止まって息抜きする人もいるかもしれません。いずれにしても 辞める時の覚悟や心持ち次第で、退職後の歩む道が変わってくるはずです。

【看護師 結婚・育児・出産の悩み】退職後の身の振り方記事一覧

看護師に関わらず、職に就いてから今までに 一度も「辞めたい」...

ある会社役員によると、「辞める辞めるとよく言う人ほど なかな...

退職理由は人それぞれですが、"労働条件が悪いこと" "人間関...

看護師をしている方に結婚する際に退職を考えたか?というアンケ...

復職を前提として出産による育児休暇を取得する人が年々増えて来...

育児休暇からの復職を行う場合には、必ず周りの環境を整えておく...

結婚相手と出会ったきっかけ看護師が結婚相手を探す場合、最も多...

看護師が結婚相手に求める条件で多いのが、性格・パーソナリティ...

結婚が決定した場合、それを報告するタイミングというのは中々難...

看護師は仕事が忙しく、休みの日も一般的な仕事とは違っているこ...

妊娠がわかったら、出来る限り早く職場へ報告しましょう。安定期...

出産について職場でどのような支援制度があるかは、事前に確認し...

出産のために長期の休暇を取ったあとは、復職が待っています。復...

仕事に復帰する際には、子供の扱いに悩むことでしょう。熱を出し...

子供がいると夜勤や残業は中々引き受けることが出来ないでしょう...

子供がいる看護師が常に感じていることは、急な休みに上手に対応...

看護師と母親を両立する上で、欠かすことができないのが周囲の協...

出産に掛かる費用は妊娠中の検診費用、分娩費、入院代などの医療...