MENU

なにかひとつ資格を取っておこう

出産のために長期の休暇を取ったあとは、復職が待っています。復職は単純に就職するよりも難しいといわれています、それは経験者であるということが一番の理由です。経験があるからこそ、知っておくべきこと勉強していて当たり前のことがあります。

 

ですから、復職する前には必ずやっておくことがあります。それは資格の勉強をすることです、なぜならば看護師に役立つ資格というのは休暇中でも通信教育などで取得することが出来る上に、復職後の仕事でも活用できる可能性があるからです。

 

例えば、アロマやネイルなどの美容関連の資格であったり、語学系の資格など一見看護師とは縁遠いことでも予期せぬところで役立つ資格があるのです。

医療に関する情報収集と勉強

復職前にやっておくべきこととして、仕事の勉強があります。これは技術進歩の早い医療分野ですから、長期の休みを取得すればその間のブランクは復職後の仕事に影響を出してしまいます。

 

幾ら経験があるといっても長期の休みを取ってしまうと、使いなれば機器などでも細かな使用方法などを忘れたり、手順を間違ったりすることがあるものです。

 

ですから、復職する前には医療関係の情報に目を通したり、看護学校時代の教科書などで勉強しなおすことが重要です。また、病院によっては休暇中でも勉強会などに参加することが出来る場合もあります。このように復職前に仕事に関する情報に触れておくことが、スムーズな復職に繋がるといえます。

子供との時間を大事にする

復職前の準備というには少し違うかもしれませんが、復職したあとのことを考えた場合に休暇中にしか出来ないことがあります。

 

それは子供との時間を大事にすることです。復職したら子供との時間を大事に出来ないわけではないですが、やはり忙しくなればその分だけ子供に割く時間は減るものです。ですから、休暇中に子供との時間を重要視するべきなのです。

 

子供と関わることは子供のためだけではなく、育てる側の親にとっても非常に重要なことです。休暇中に復職後のイメージをしっかりと持った上で、子供と関わることで復職後も子供をないがしろにしないように仕事と家庭を両立することができるからです。