MENU

看護師として働き続けることの覚悟

復職を前提として出産による育児休暇を取得する人が年々増えて来ています。子育てをしながら仕事をするというのはそれだけ負担がかかりますし、復職という制度が活用できるのであれば育児休暇を取得して育児に専念するのも正しい選択と言えるでしょう。

 

ただ、育児休暇は1年程度にしておくのが丁度良いといえます。それは医療現場というのは変化の早い職場となりますので、あまり長期に渡って休職していると職場の変化についていけなくなるからです。

 

逆に短すぎると自分の体に負担を掛けてしまうだけになるので、1年ぐらいが丁度良いといえます。復職は大変なことだと思いますが、力を入れずに流れに身を任せることも大切です。

 

育児休暇を取得して復職する看護師というのはかなりの人数になります。ただ、看護師という職業は既婚者より未婚者のほうが圧倒的に多いわけで、子供が発熱したからということで早退してしまうことで、周りに迷惑を掛けていることは間違いありません。

 

それは仕方の無いことではなく、周りが協力してくれているから成り立っているものと考えましょう。そして育児休暇を取得してでも働き続けるということが、どれだけ重要なことかということを肝に銘じておくべきです。

 

復職したけれど「仕事と家庭の両立は難しいので辞めます」では周りの人はやってられないでしょう。ちなみに育児休暇中も退職金は加算されていくのが一般的なため、そういう意味でも続けることの覚悟を持っておく必要があります。