MENU

子供の急病など問題に対応できる環境を整える

仕事に復帰する際には、子供の扱いに悩むことでしょう。熱を出したときや保育所はどうしたらいいのか、などです。保育所へは送り迎えを毎日することになりますから、できれば自宅から近い場所が理想的です。

 

仕事をしながら送り迎えをするとなれば、色々と問題があります。具体的には保育時間が通勤時間に合うかどうか、これが一番の問題となります。朝は何時から夜は何時まで預かってくれるのかが大事です。朝はともかく夜は出来る限り遅い時間まで融通が利くところがよいでしょう。

 

また、児童相談課が役所には存在しますので、そこで親身に相談に乗ってくれる担当者を見つけておきましょう。そうすれば何かあった場合でも解決がスムーズになります。

 

子供がいれば急な発熱もあるでしょう。また看護師という職業であれば急な残業というのもあります。これらの環境を考慮して問題に対応できるようにしなければなりません。

 

特に対応が難しくなるのが子供の体調管理です。急な発熱というのは避けようがありませんが、毎回向かいにいくために仕事を切り上げることが出来るとは限りません。そんなときのために、病児保育所をチェックしておきましょう。これは病院が運営していて医師や看護師が子供を見てくれますので、安心して預けることが出来ます。

 

他にはベビーシッターを利用するのも良い選択でしょう。知らない人に子供を見てもらうのは心配という場合もあるでしょうから、担当となる人がどのような人なのかはよく確認しておきましょう。

 

子育てに便利なサービス

子育てを一人でやり抜こうとすれば、無理が出てしまいます。そんな難しい子育てだからこそ様々なサービスがあります、これらのサービスを活用することで問題があってもスムーズに解決することができるのです。それらサービスを見てみましょう。

一時保育

定期的な保育預かりではなく、一時的に預かってもらうサービスです。利用する理由は様々ですが、一時的に子育てから開放されることになりますので便利に使うことが出来ます。

地域子育て支援センター

保育所に併設されていることが多く、子育て中の母親が集う場としての役割を果たしています。同じ境遇の人が集まってくるため悩み相談などがしやすくなっています。

学童保育

小学校に通う子供たちを放課後の時間だけ預かってくれるサービスで、小学校に併設されていることが大半です。これらのサービスを活用すれば、時間的な問題を解消することが出来るでしょう。

 

 

復職すれば仕事も家庭も両立しなければなりません。しかし完全に両立することが出来るかというと、早々簡単ではありません。子供がいれば避けて通れないのが、子供の急な発熱や病気です。こればっかりは自力ではどうすることもできません。仕事仲間に迷惑をかけてしまうこともあるでしょうが、できれば子供に何かあったときには変わりに面倒を見てくれる人を確保しておくべきでしょう。

 

それでも自分が面倒を見なければならないこともあります。そんなときに備えて急な用事が発生したときに、直ぐに業務を引継ぎできるように作業内容を書面化しておくなど工夫も必要になります。また、お互い様の精神に則って他の看護師が急用の場合は、積極的に代わりを引き受けるなどの行動も必要でしょう。