MENU

看護師の子育て/急な休みへの対応ってどうする

子供がいる看護師が常に感じていることは、急な休みに上手に対応できているだろうか?迷惑を掛けていないだろうか?ということです。

 

どうしても子供のことが心配であるという意識があったり、時間外は家庭のことに集中していたいという考えがあるために、未婚の看護師とは仕事へのスタンスが違ってきます。

 

だからこそ、そのような場合にアレコレと考えてしまうのが、子供を持つ看護師の悩みの種でしょう。定時で帰れる職場であって欲しい、そしてそれを許容して欲しい。と思うのが子供を持つ看護師の当り前の考えではないでしょうか。ただ、そのために出来る事を子供を持つ看護師は逆にしなければなりません。当り前だけど当り前ではないという矛盾があります。

 

職場の協力に感謝!

子供を持つ看護師が勤務時間に関する要望を多く抱えているように、その問題に対する他の看護師が対応してくれたことへの感謝も当然ですが多いのです。言葉にして表現しているかどうかはわかりませんが、職場の協力を得られているということは子育て看護師にとって非常にありがたいものです。

 

相手に負担を掛けているのは百も承知なわけですから、それに対して嫌な顔一つせずに対応してくれることが嬉しいのです。人間ですからしょっちゅう同じことが繰り返されれば、誰だって「またか」となるのは避けられません。

 

だからこそ、子供を持つ看護師はそれらの対応に対して、非常に大きな感謝の気持ちを持っているのです。

 

看護師としてのプロ意識を忘れない

子供がいるから残業はできません、早退しても仕方ありません。では仕事の現場というものは上手く機能しません。お金を貰って仕事をしている以上は、仕事に対する責任というものが発生するわけですから、プロ意識に欠ける言動は御法度です。

 

子供が熱を出したので帰宅します。ということが当り前と思わないことです。しかし現実には子供が熱を出すことはしょっちゅうありますから、そのような問題がない時に周りに対して気配りをしなければなりません。お互い様という言葉があるように自分が無理をさせているという自覚と、変わりに相手のしんどいところを補ってあげようという気持ちが大切です。

 

自分の都合ばかりを押し付けていては、看護師としての仕事と家庭の両立は難しくなってくるでしょう。

 

こんな思いをしてまでナースを続ける必要があるのだろうか?

ナースであることと、母親であることの両立は難しいです。子供にも寂しい思いをさせてしまうこともあるでしょう。周囲に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。子供に泣かれれば身を切る思いをするかもしれません。

 

こんな思いをしてまで、ナースを続ける必要があるのだろうか?と、悩むママナースも少なくありません、

 

でも母親になったナースだからこそ、患者さん家族の気持ちを理解できるようになり、看護師として、新たな視線で仕事にのぞむことができるのではないでしょうか?

 

また、子供も一生懸命働く母親の背中を見ていれば、そこから沢山学び取ることもあると思います。頑張ることの重要性を自然に身に付け、母親を誇りに思うでしょう。仕事と育児を両立させることは母親にとっても、子供にとっても財産になります。