MENU

育児休暇からの職場復帰でやっておくべきこと

育児休暇からの復職を行う場合には、必ず周りの環境を整えておくことが大切です。つまり復職するにあたりまわりに迷惑を掛けないようにするための環境を作ってから復職しましょう。ということです。

 

具体的には、子供が発熱した場合などでも面倒を見てくれる人を確保しておくことで早退や急な休暇を取得しないようにするのです。看護師として働く以上は、プロとして責任を果たさねばなりません。

 

また、子育てをするということは仕事に対する考え方を再認識させられるということもあり良い影響を与えているとも考えられます。両立することの難しさは当然ありますが、子育てをしながら仕事をするということをエネルギーにして欲しいですね。

 

 

仕事と家庭を両立させるためには気合だけでは乗り越えられない問題が発生することもあります。そんな問題を回避するちために、活用できる病院内外にある制度は活用しなければなりません。

 

例えば、妊娠時の定期検査が有給となる「通院休暇」という制度です。その他にもつわりに伴う病欠や早退を有給で賄うことができる「妊娠障害休暇」という制度もあります。

 

他には育児支援として「育児時間を1時間確保できる」「深夜勤務が免除される」「子供が病気の場合、看護休暇が取得できる」などになります。これらの制度や支援を活用することで仕事と家庭の両立は、かなりスムーズになっていくことでしょう。

 

ただ、病院によっては制度や支援が充実していない可能性もありますから、そのような場合は深夜勤務のない外来に転属するなども考えるべきでしょう。