MENU

求人広告の内容を見極める力が必要

転職に限らず 職探しには、求人広告を活用するのが一般的です。実際 ほとんどの方が、雑誌あるいは求人サイトに掲載されている求人広告の内容を確認し、自分の条件に合う職場選びをしているはずです。

 

しかし この求人広告に誤りがあったら どうでしょう?"求人広告と実際が違った"という失敗談は 少なくありません。

 

では、転職に失敗しないためには どうすればいいのでしょうか?やはり 求人広告以外での情報収集が欠かせないでしょう。実際に 転職先候補として絞り込んだ病院に足を運んでみるのです。そして、そこで働くスタッフや その病院を利用している患者さんの様子から、『この病院は求人広告と違うぞ』ということを見極めるわけです。

 

なお、明らかに広告の内容と誤りがある場合には 広告を掲載している出版社などに問い合わせてみましょう。出版社ではカスタマーセンターなどを設置しており、病院に対して指導を行ってくれるからです。

 

とはいえ、出版社や病院が どこまで責任を負ってくれるかは分かりません。ですから、可能な限り自分で情報収集してから転職先を決定するようにしてください。

求人広告の内容と実際が違った・・・【看護師 転職 過去の失敗例から学ぶ】関連ページ

給料だけで転職先を決定すると・・・
公立病院というだけで転職先を決定すると・・・
事前の情報収集が不足