MENU

可能な限りの情報を集めることが成功へのカギ

転職先選びの際には 情報収集が欠かせませんよね。

 

仕事内容,待遇,勤務時間,公立か私立か,など、転職理由を満たす条件の病院を探し出すはずです。
そして、求人広告に記載されている内容だけをチェックしている方も少なくないことでしょう。

 

しかし それだけでは、情報収集は不十分と言えます。

 

なぜなら、"言っている事とやっている事が全く違った"という失敗談もあるからです。この方の場合、"患者を大切にと言っておきながら、実際は粗末にしている事に気づいた"そうです。

 

このように、実態を知らずに転職してしまうと失敗しやすくなります。ですから、転職先候補として絞り込んだ病院に際しては、可能な限りの情報を集めることが大切です。つまり、病院が発信している情報だけでなく、その病院で働いている人や利用している患者さんなどから情報を集めるのです。

 

例えば、患者や見舞いに訪れた人のふりをして 実際に病院を訪れるのはいい方法です。日頃のスタッフの仕事ぶりや患者さんへの接し方から、飾り立てていない本当の病院の姿を見ることができるからです。

 

また、利用者の会話に耳をすませば、病院に対する満足度も推測できることでしょう。『情報は 足で稼ぐもの』。これが転職で失敗しないための心得です。