MENU

病院の外見ではなく 転職理由に添った転職先選びを

転職の際 こだわるポイントは人それぞれ。

 

「私立よりは公立。どうせなら国立の大学病院」という こだわりを持っている人も中にはいることでしょう。
しかし、それでいいのでしょうか?私立や公立というのは、あくまでも病院のうわべ。"公立病院というだけで何も知らずに飛び込んで後悔した"という失敗談もあります。

 

 

それはそうですよね。転職で最も大切なのは、『なぜ転職するのか』。
例えば、「救急看護の専門知識を身に付けたい」「スキルアップしたい」「地域住民に密着した看護にチャレンジしたい」などといった答えがあるはずです。

 

つまり転職先を判断する場合、原点に立ち返って転職理由を満たすことのできる病院かどうかを判断することが大切なのです。

 

人によって、仕事内容であったり 待遇であったり 勤務時間であったりと、転職の理由はさまざまです。しかし いずれにしても、転職理由が最もこだわるポイントであることに違いありません。

 

ですから、"自分にとって本当に大切な事項"を基準に優先順位をつけ、順位の高い項目を満たす病院を選ぶようにしましょう。くれぐれも、単なる病院の外見だけで判断するのだけは避けてください。

公立病院というだけで転職先を決定すると・・・【看護師 転職 過去の失敗例から学ぶ】関連ページ

給料だけで転職先を決定すると・・・
事前の情報収集が不足
求人広告の内容と実際が違った・・・