MENU

これまでの職歴

看護師Tさんの転職データ
准看護師学校卒業後、看護学校に通いながら病院勤務を続ける。
看護師資格を取得した後、整形外科・特別養護老人ホーム等、8回の転職を経験し現在は訪問看護ステーションに勤務中。

 

看護師になって目指していたのは、一人一人と向き合う看護。

 

しかし病院は、多くの患者を抱えているので 実現は無理でした。

 

ナースコールが鳴れば、次々と対応していかないといけませんからね。

 

 

ここで、「ゆっくりと患者さんと関われるかも」と 希望を抱き、特別養護老人ホームに転職します。

 

しかし ここでも、看護師の数が少ないために 慌ただしい毎日を送っていました。

 

 

結局、時間に追われる看護に納得できず、8度も転職を繰り返します。

 

そして、今の 訪問看護ステーションでの勤務に出会います。

 

 

訪問看護を始めてから10ケ月。

 

認知症の利用者さんが、私が行くと喜んでくれて。いろいろな事をすぐに忘れてしまうのに、私のことだけは覚えていてくれるんですよ。

 

これは 継続したコミュニケーションの賜物ですよね。

特別養護老人ホーム勤務で得たもの

特別養護老人ホームでの勤務で、自分のやりたいことがぼんやり見えました。

 

 

病院は、病気を治すことが目的。看護師として、血圧を測ったり,処置したりします。

 

しかし、「看護師免許があれば 誰でもいいんでは」と思っていました。看護師として的確に仕事をこなせば、それでいいように思えたのです。

 

それに、病院で接する患者さんの多くは、通院や入院という一定期間の関わりしかありません。

 

 

それに対して 老人ホームでは、高齢者の生活の場としての位置づけです。そのため、相手と長く関わることができます。

 

また 老人ホームでは、看護師としてではなく 私個人を見てくれます。

 

私の何気ない対応で、入所者のおばあちゃんが笑顔になったのです。嬉しかったですよ。

 

 

私の表情や言動によって周囲に与える影響が変わる 老人ホーム勤務。

 

これまで以上に、他人としての関わりの重要性を強く感じました。

ワーキングホリデーで老人ホームのボランティア

30代直前に、ワーキングホリデーで北米へ行きました。老人ホームで ボランティアをしたのです。

 

 

日本とは違い、ゆったりとした雰囲気です。定期的に、手芸教室やダンスパーティーなどのイベントもしていました。

 

日本の老人ホームで プログラムの一環として参加するのとは違い、参加は自由です。

 

入居者が自分で選択し 主体的に生活を送っていることに、感銘を受けました。

 

 

スタッフは、ケアというより サポートをしているようでした。

 

そして思ったのです。「私も このように、その人らしく生きていくためのサポートをしたい」と。

 

 

求めていた仕事に巡り合った私は、帰国後は訪問看護に携わることを決心します。

ようやくたどり着いた理想の職場〜訪問看護〜

利用者の自宅に伺ってケアする訪問看護。

 

病院のように、他の患者さんから呼ばれたり,医師や看護師から急に仕事を依頼されることはありません。

 

誰にも邪魔されることなく、利用者さんと しっかり向き合えます。

 

 

あらかじめケアの内容を決めてから伺うのですが、訪問した時の利用者さんの体調や気分に合わせて 臨機応変に内容を組み直しています。

 

体の不調をストレートに訴えてくる人もいれば、なかなか言ってくれない人もいて。だから話してもらえるように、こちらから働きかけるようにもしています。

 

 

訪問看護の仕事は、利用者さんの日常に入っていく感じです。

 

その人らしく生活を送れるよう サポートするのが私の仕事なのです。

 

ですから 特別なケアではなく、その人が困難なことを手助けするようにしています。

 

 

また、訪問した際に不調を訴えていた利用者さんに対しては、事務所に帰ってからも電話を掛けるようにしています。

 

利用者さんの表情がパッと頭に浮かんで、「しんどいって言っていたけど、今どうしてるかな?きちんとご飯は食べたかな?」って気になるんですよね。

 

 

今まで、看護師としてではなく 他人として関われる仕事をずっと求めてきました。

 

訪問看護の仕事に携わることで、ようやく手に入れた気がします。